十数冊の本から学んだこと

いよいよFXを再挑戦していくにあたって、
FXの本を十数冊ほど読んで、勉強してみました。

(本以外では、「ダメおやじ」さんという人の
 無料メール講座がとても役に立ちました。

 無料なので、登録してみるコトをオススメします。
 ⇒短期集中、ダメおやじの無料FX勉強会 )

こちらの章では、その中から
日々新が「学んだこと」「感じたこと」
備忘録的にお話ししていこうと思います。

ある程度FXを知っている人には
眠たい内容ばかりだと思いますので、
飛ばしてもらってもかまいません。。^^;

FXは投資家が動かしている

一番僕が衝撃を受けたのは、この内容です。

FXの為替の動きは、
経済の状況も もちろん関連するんですが、
それ以上に投資家が「どう思っているか」によって
大きく影響を受けるという事実です。

くわしくは、FXと投資家の記事で
お話しします。

ファンダメンタルズについて

投資家が動かしているんですが、
やっぱり影響を受けているのは
ファンダメンタルズなんですね。。

↑のページにまとめました。

ファンダメンタルズの動きを
投資家がどう解釈していくか。。
というトコロがポイントになってくると
思います。^^

経済の動きとFX

日々新がけっこう苦手にしている^^;
経済がやっぱり為替にスゴく影響している
様子です。

特にFXは、「AだからB」という
決まりきった動きだけではなく、
その時の いろいろな要素によって
複雑な動きを取りますので、厄介です。^^;

投資家との連動についても考察しながら
経済とFXでお話しします。

経済指標の発表が大事!

知っている人には当たり前のトピックですね。。

投資家が経済指標の発表を受けて
どう感じて、どう動くか。。

それを期に為替の流れが
ガラっと変わるコトも多々あります。^^

FXとは切っても切れない関係の
経済指標の発表についても触れておきます。

政治の動きなどとも関係

またまた日々新の大の苦手の^^;
政治ともFXは密接に関係しています。

経済の動きを影から動かしているのが
政策と呼ばれるモノで、
当然ですが、投資家たちも
この動きには注目しています。

そのことについては、政治とFXの記事で
お話しします。

別の投資とFXの関連性

FX以外の投資ともFXは関係していることが
あるようです。

大量のお金が動く時に、
通貨の変更が必要になってくると、
為替の相場にも影響してくるという。。

ま、結局は投資家が動かしているということに
関係しているようですが。。

そのことについては、別の投資との関係
のページで。。

やっと出た、実需。。

FXは外国間のお金の行き来なので、
当然、必要にかられて行っている取引きも
あるようで。。

量的には、投資家が動かしている
お金よりも かなり少ないのですが、
必ず動く動きというモノもあり、
そこに注目している投資家もいるようです。

そのことは、実需の記事でお話しします。

だまし討ち

投資の世界では、巨額のお金を使って
価格を操作する
こともあるようですね。。

ヘッジファンドなどが
わりと よく使っている手法のようです。

投資家の心理を逆に
手玉に取るようなやり方も
あるので、引っかかってしまうと
まんまとヤラれる形になってしまいます。

そんな「だまし討ち」については、こちら。。

通貨に、歴史あり。。

ドル・ユーロ・円。。。

それぞれの通貨には歴史があり、
今に至っている。。。

お金というと無機質なモノのように
感じるけど、いろいろな人が
頑張って支えてきているという
ドラマが そこにはあるんです。

そんな歴史の本を読むことは、
けっこう面白かったです。。^^

今まで、考えたコトもなかったので、
けっこうカルチャーショックでした。

上がったら下がる

と、今までがどちらかと言えば、
実体に基づいて動いているFXの動きだとしたら
これは、モロ「投資家心理」によるモノ。

「上がったら下がる」「下がったら上がる」

という理屈も大いに働くようです。

(厳密に言えば、「売られすぎていると思えば
 買われる」という感じ。)

テクニカルによって分析する

上のような「売られすぎ」「買われすぎ」
「上がりすぎ」「下がりすぎ」という点から
次の展開を予想するのは、
テクニカル分析というようです。。

そして、テクニカル分析といえば、
「チャート」を抜きには語れません。
^^

そして、チャートと言えばローソク足!

日本で発明されたこのローソク足ですが、
全世界の投資家に使われているみたいですね。。

水平線やトレンドライン

基本的には、ローソク足のチャートに
水平線やトレンドラインを引くのが、
「第一歩」のようで。。

そんなチャート分析の入り口について、
お話ししていきますね。。

その他の指標もメッチャある!

でも、その他にもチャートを分析するための
指標やオシレーターと言われるモノは、
ホントたくさんあるそうです。

FX初心者の場合は、
ある程度 絞って活用した方がいいですね。。

そのコトについても話しています。

バックテストも重要?

あと、テクニカル分析に関して言うと、

「バックテストは絶対やるべき!」

という人が多くいました。

そのことについて、バックテストは必要?の記事で
くわしく見ていきます。。

バックテストの重要性が
分かってもらえると思います。^^

心理のコントロール

あと、FXでは、こういった
ファンダメンタル分析とテクニカル分析に加えて
自分のメンタル、心理をうまくコントロールすることが
メッチャ大事なようです。

実は、簡単なルールで運用していても、
自分の心理をコントロールできないと
負けが続いてしまう結果にも
なってしまうようですね。。




。。って、かなりの量ありましたが。。^^;

だいたい、テーマごとにまとめると
このくらいのコトを勉強しました。^^

FXは経済の勉強だけじゃダメ?

勉強してみて思ったのは、

■経済の勉強だけではFXは不十分

というコトです。

もちろん、お金は経済が
支えている部分もあるのですが、
それ以上に投資家が動かしているお金が
莫大な量ある、という側面もあります。

なので、
「今、投資家たちは経済の
 どの部分に関心を持っているのか」
とか、そういう見方が
かなり重要になってくるでしょう。

また、投資家同士の
「心理戦」という見方もできます。

そういった、経済を背景にした
投資家たちによる「マネーゲーム」で
あるコトを理解すれば、
より攻略のための糸口を見つけられるかも。。
と考えてます。

。。それでは、
ひとつずつトピックについて、
お話ししていきますね。。

まずは、⇒投資家がFXを動かしている事実
について。。


このページの先頭へ